みんなの"ひみつきち"のような居場所を目指して。

ゲストハウスに泊まってみて気付いた時間の使い方と、読書の仕方。

 

8月最後の土日、京都に行ってきました。

 

f:id:himitsukitchen:20170903212251j:image

 

すてきな出会いで、そのことはまたお話ししますが

今回はゲストハウスを使ってみた話。

 

まずチェックインして、鍵を開けて中に入ってみました。夜だったので、部屋は真っ暗。二段ベッドが3つあって、それぞれ自分のベッドが居場所です。

 

 泊まってみて、2つの気付きがありました。

 

ひとつめ。

 

"周りにあるものが「やりたいこと」しかないとき、有意義な時間を過ごせる"

 ベッドに持ち込んでいる荷物は1泊2日の荷物だけ。もう荷造りも済んでいるし、シャワーもすぐに浴び終えた。22時。寝るには早すぎる。手元には、本と携帯のみという状態に。

 半ば読むしかない状況で本を読むことは、読まなければいけないという強制力ではなくむしろ、読む時間を与えられていると思いました。

 実はその前に夜カフェで本を1時間くらい読んでいたのですが、集中して読み進めることができていました。そんな自分を発見できたことは大きかったなあと思います。

 あの日は結局12時過ぎまで本を読んで過ごしました。そんなに長く読み続けられるとは思っていなかったので、自分にも夢中になって本を読むことができる部分があったんだな、という発見にもなりました。 

 だったら、自宅でもその状態を作り出すことができたら、やりたいことだけをすることができるのではないか?と。

 喫茶店や図書館に行くとき、できることを誰しもするはず。たとえば、携帯しかなければ携帯を見るし、本を持ち込んでいれば読むし、誰かと約束をしていれば、基本的には話すことに集中します。逆に家にいたとしても体調が悪くてベッドの上にしかいられないときなどは、 ベッドの上で携帯を見たり、本を読んだり、回復させるためにとにかく眠ったり、考えたり。

 迷いを断ち切らなければなりません。「やること」と「やらないこと」を決めるところが鍵になっているような気がします。

 

もうひとつが、

 

「 全部の文章を理解しなくても、自分に響く言葉だけを拾っていけばいい。 」

 読んでいると、どうしても自分の頭の中に入ってこない文章もでてきます。少し完璧主義なところがあり、本の全てを理解できないと読んだことにならないと思って、文章が頭に入ってこない時点で本を閉じることも少なくない私。再び開くこともあれば、読む気分になれなくなることもあります。そんな自分に罪悪感を抱くことも。

 でも今回読むのをやめないで(半ば無理やり).読み進めてみたら、数ページに一回自分に響く言葉が出てきて、そしてまた頭に入ってこなくなる部分が…と繰り返すようになって。その時に、響く言葉ってそのときの自分に合う言葉だったり、求めている答えだったりするのかも、と思いました。もし違う時期に読んだら、そのときの自分に響く言葉も変わるかも知れない。何度も読み返すうちに、その本の一部分が自分にしみ込んでいく感覚を味わうのも楽しみだし、全部の文章を理解するのも、それからでいいのかも、という考えになりました。それを発見できたことだけでも泊まってよかったなと思いました。

 

 それでは、また。

サリーガーデン公演 in 観音寺 準備編

農園を営む、秀太郎さんのお話からはじまった、

「サリーガーデン」という作品。

全5回ある中の第2弾の公演が、8/16観音寺のホワイトハウスさんにて大盛況で終えることができました。

今回は準備編でお届けします◎

 

今回場所を貸していただいたのは、

観音寺のホワイトハウスさん。

ジャズのライブもできるカフェです。

f:id:himitsukitchen:20170821005552j:image

ジャズが似合う店内にはグランドピアノと本格的なPA機材。

 

前日入りして、各担当に分かれて準備。

f:id:himitsukitchen:20170821010246j:image

映像と総合演出担当のまいさん。

チームをしっかりまとめてくださって、尊敬しっぱなしでした。まいさんの掛け声で気持ちが引き締まって、「みんなでがんばろう!」という気持ちの団結につながったと思います。

ちなみにこの写真に映っている冊子はこの旅のしおりで、しっかりとしたタイムテーブルと地図、お楽しみページまであり、旅がますますわくわくしたものに。

 

f:id:himitsukitchen:20170821010830j:image

料理班はラタトゥイユを仕込み。

マネージャーの紗織さんのおかげで、滞りなく終えることができました。

お野菜は秀太郎さんの農園で採れたものや、近所の方におすそ分けいただいたもので、ひとつひとつが美味しい。

それをひとつの鍋にまとめるのはなんだか、このチームが個性がありながらもまとまっていく様子に似ているなぁなんて思っていました。

試作通りに作ってみたのですが、やっぱり少量作るのと30人分作るのは、違うなというのが率直な感想。

予想はしていた水分と、予想してなかった味の違い。

味を見ながら材料を後から追加していきました。

「素材の味を最大限に生かす」ため、調味料は最低限で。

そして冷蔵庫で一晩寝かせて味を馴染ませると

冷たくて夏にぴったりなひとさらになったかな、と自分でも満足する出来になり、ほっとしました。

 

 

そして本番の日を迎えました。

本番前、リハーサルがあったので、マネージャーの紗織さんとホワイトハウスの奥さんと何度も時間の打ち合わせを。

2部成になっており、1部と2部の間の休憩時間でお出しすることになっていたので、時間と手順を何度も確認しました。

 

合間にはこんなことも。

f:id:himitsukitchen:20170821014436j:image

普段はカメラマンとして様々な現場で活躍してる、有安ありさんが撮ってくださったお写真!

背景とあいまってすてきに撮ってくださっているのがさすがです…!

ありさんはこのサリーガーデンの脚本も担当していて、物語の雰囲気とあわせてほっこりしたことばが コノハコトノハさんの声と合わさると、、、!

ぜひ声と合わせて聞いてもらいたいなぁと思います。

 

そして、リハ。本番さながら真剣に。

私は時間を見ながら、脳内シミュレーションして、

本番はきっとちゃんと見ることができないと思ったのでしっかり公演を楽しみました。

2月に話していたことが、もうはじまろうとしている緊張感とわくわくで心の中は満たされて、久しぶりの演奏会の前のような気持ちに懐かしさも感じながら、本番へ。

 

また本番のことは改めて、お話ししたいと思います!

 

BGMは「僕らの音楽」でどうかお願いします。

f:id:himitsukitchen:20170807223417j:image

こんばんは。(草彅剛風に)

僕らの音楽」わかる人ってまだいるのかな。

あの大人な金曜日23時好きだったんですよね。

 

ショットグラスのサイズ感が、梅酒飲むのにぴったり。奈良のベトナム雑貨屋さんで買いました。笑

来年は自家製梅酒で一杯やりたいです。来年の自分にやくそくしとこ。

 

数日前に、8月の予定を立ててみては、というお話をしました。

「やらないことを決める」

頭に刷り込ませ、自動的考えられるように鍛えていこうと毎日やってて、これもトレーニングなのでうまくいったりいかなかったり。でもやってみてから自分に合うかどうか見極めたいから、今月はとりあえずやってみます。

 

それに加えて、「夏休みの宿題」と題して、勉強したいことを課すことに。

「夏休みの宿題」の中でプリント冊子やノート1冊仕上げる宿題の1ページ目はきれいに書きたい性格だったのでうきうきして持って帰った記憶があります。まぁもちろん後半はどうでもよくなっちゃうのですが。笑

日によって字が気に入らなかったりするけど、毎日書かなあかんっていう。

 

話をもとに戻します…

f:id:himitsukitchen:20170807225259j:image

こんな風に、私の場合お盆明けから2週間くらい休みがあるので、予定を立てて、徳島にいる間や、実家にいる間、料理や勉強をしようと思ってるけど、

多分、絶対やらないと思う。笑

 

例え話で、退職したら時間ができるからやりたいこと全部やる!と決めてた男性が、実際退職を迎えたらやりたいことがなくて毎日退屈してる。というお話があるそうです。

それはあながち間違ってないと思ってて、多分時間があったらやろうはばかやろう。という教訓だと思ってます。自分に叩き込んで、今日からはじめたいと思います。

 

実際、大学の頃バイトと部活を掛け持ちしてて(部活がない日は全てバイトに費やしてた)、集中講義と、イベントの企画立てて実行委員もしてた時期があって、それはもうキャパオーバーだったんですけど、その中で雑貨屋さん行ったりしてたのです。合間に息抜きいれたり、ようそんなことできたな。(若かった)と思いますが、

 

仕事で大変な今からできるようになる練習をすることで、時間の使い方もうまくなれると思うし、仕事休みだったら自由に使える10時間だかの仕事の時間をまた違うことに注ぎ込むことができるのはなんかお得だなーって思います。自分は時間があると全てマイペースに進めて時間が押してしまうので、気をつけようと思います。

 

それでは、今日からの寝る前の1時間、いちばん知識が吸収しやすい時間帯にさくっと勉強して寝ようと思います。おやすみなさい。

 

「旅と器と」とこれからのはなし

 

f:id:himitsukitchen:20170806211727j:image

 

 今日はこちらの個展へ。

鎌倉にアトリエがあるAt Home Works

林彩子さんのうつわ。

 

 うつわを買うときは、可能な限り実物を見てから買うようにしています。作家ものは一点一点表情が違ってて、自分の料理を盛りつけたときや、写真の構図でがらっとイメージ変わるのが面白いなと思う。同じうつわでも料理向きだったりお菓子が似合ったり。

 

 林彩子さんのうつわは、どれひとつとして同じものがなくて、雰囲気の違いに見ていて飽きませんでした。写真で拝見している感じでは薄めなのかなと思っていたけれど、意外とどっしりしてるから熱いものを入れても大丈夫そう(と思っていたら、林さんもそう仰っていました)。でも薄いのもあって、薄めがすきだから気づいたら薄めのを手に取ってしまう。うつわだけでも存在感があるから、置いているだけで絵になるけれど、盛り付けたら料理を引き立てる。布キャンバスのような質感とやさしさが伝わってくる。

 今から使うのがとっても楽しみ。

うつわは料理を引き立ててくれる、なくてはならない存在。今後作家さんとお料理のコラボとか、スタイリングとかやりたいなと思ったことでした。

 

話は変わりますが、

そもそも、私がAt Home Works(林彩子さん)のうつわですてきだと思ったのが、コンセプトが「旅と器と」というところ。

今日お話を聞かせてもらって、

必要としてくれるひとの元へ飛んでいきたい

という思いが更に強く大きくなりました。

 

f:id:himitsukitchen:20170806222232j:image

 

「旅する料理教室」が実現したら、全国でわたしみたいに悩んでるあなたに伝えられることがあるかもしれない。やりたいことがある人の悩みも、ない人の悩みも、両方すごくわかる。それが料理と絡んでても、関係のないことでも、「生活を整える」という基盤つくりをお手伝いすることはできる。

 

f:id:himitsukitchen:20170806231629j:image

 

 生活を整えることによって、

仕事が大好きなあなたや、目指している夢があるあなたは、仕事も夢も最高の私で居られる。

夢がなくて探している、今から抜け出して新しい自分になりたいけど、なにになりたいのか分からない、って思ってるあなたは、やりたいことに気づける自分になれる or いまの暮らしに楽しみを見出すことができる

 

そのお手伝いができたら、きっと私も最高の私で居られると思います。そして私自身、いろんな人とお話をする中で、色んな価値観を吸収していきたいって気持ちがとっても大きい。そして、その思いをそっとお料理に乗せていきたいんです。話を聞いているだけだと溜め込んじゃうので、循環させるのが理想。

 

 まずは、お盆の仕事を元気にやり切って、16日のサリーガーデン公演を成功させられるよう、私自身が生活を整えて最高の私でいられるように、自分をとびきりだいじにします。

それから、どうなっていくのか未知数で楽しみなのですが、この徳島で、料理のお仕事で修行しながらちいさなお教室をやって、経験値を積み上げてからのほうがいいのかなぁって思っています。

 

そんなことを考えられた休日、こころの充電満タンにできました。相談に乗ってくださった林さん、ありがとうございました^^

またどこかでお会いできたらいいなという気持ちでいっぱいです。

8月の目標

 

この前の日曜日に、

1日の中で自分の時間ってどのくらいあるんだろう。と

ふと思ってノートに書き出してみました。

 

f:id:himitsukitchen:20170803230104j:image

 

6.5時間。

そこから家事やお風呂などの時間をひいたら

4.5時間。

 

絶対的時間は少ないのはわかってる、

でも、「時間がないからやらない」は避けたい。

それならば、この4.5時間を無駄にしたくない、と思いました。

 

お茶いれてほっとしたいし、トイレ掃除、ブログを書いたり、朝ごはんの仕込みしたり、勉強、趣味のノートを書いたり、読書、散歩、これからのことをじっくり考えたり、友達とLINEのやり取りもしたいから。

 

全部は無理だけど、やることは日替わりでいいから

24時間を生産的な時間にするための

第1ステップが、8月の目標です。

 

「やらないことを決める」のと

いまの自分がやりたいのは「これ!」って決められる

頭がクリアな状態にしていくこと

最近はそれを意識していて、帰りの汽車の中で

今日のやらないことを考えてみてる。

 

寄り道をしないでおうちに帰れるように、

やりたいことがすぱっと見つかって、それが実行できる状態を

頭の中で作り出せるようになりたいです。

 

まだ全然思考回路が成り立ってなくて

汽車の中ではスイッチが落ちるので

寝ちゃったりしてまだできないけど、

毎日の積み重ねでできるように

トレーニングトレーニング、です。

 

ちょうど夏休みの時期だから、

「夏休みの宿題」みたいに自分に課してみようと。

あなたの夏休みの宿題、決めてみませんか。

 

おみそ汁を日常に。

 

わたしの中で、朝のおみそ汁はとっても抵抗があった。

というのも、おみそ汁といえば、

休日の朝にゆっくり作ったり

父の実家に帰った時の朝ぐらいしか飲まなかった。

母はパン派だった。

 

きっと、私にとっての「お味噌汁」って

「ゆとりある朝」の象徴なのだと思う。

 

f:id:himitsukitchen:20170731222027j:image

 

でも、実際には時間がない。とにかく時間がない!笑

起きた時間から出かける時間までで、

生き生きと働くためにできることを

精いっぱいやりたいから

色んなものを削いでいきます。

そうすると朝のおみそ汁は後回し。

髪をきれいに整えるとか、ピアスをつけるとか

チークをていねいに伸ばすとか、

そういうところを優先させちゃう。

朝ご飯は適当にすましちゃって。

みそ汁なんてね、もう論外の域。

 

でも、、、、みそ汁を習慣にできたなら

仕事のパフォーマンス性もぐいぐいあがる。

仕事は学びだから、気を抜きたくなくて

それならば

よし、みそ汁を毎日飲める仕組みをつくろう。

そう思いました。

 

f:id:himitsukitchen:20170731215023j:image

 

お水は420ml、みそは50g、いりこ5ひき

そして具は「てきとう」

冷蔵庫にあるものだけ。

それぞれ量って、バットに入れて冷蔵庫に。

鍋の中には水といりこを入れておきます。

朝起きたら、鍋に火をかけて、具材を入れて、

火を止めてみそをいれて溶かす。

そして沸騰直前で止める。

 

それにひとてま。

切った野菜には少し塩麹を加えて

軽く袋の上からもみもみしときます。

「切ったそばから栄養が流れちゃう問題」は

塩麹で栄養を高めることでカバー。

 

あと大切なのはみそとお水の量。

みそと水の量さえしっかりわかってれば

ほとんどみそ汁ってできてしまうので。

最初はわからないから、「てきとうに」やる。

もしそれが失敗しても、

今日は◯gで薄かったから、5g増やしてみよ。

みたいな感じで軽いノリでかわして次の日もっかいやる。

朝ご飯はその一回だけじゃないから、

失敗したってそれを活かして次の日も作る。

そしたら習慣に「なっている」のではないでしょうか。

 

f:id:himitsukitchen:20170731222930j:image

 

それでは、また明日^^

死ぬまでの道のり、旅、過程を思いっきり楽しもう。

今日も1日おつかれさまでした。

 

f:id:himitsukitchen:20170719224430j:image

簡単な夜ご飯食べました。

 

今日は前置きとかもなく、
急に本題に入りたいと思います。笑
長くなりますが、伝えたいことがあるのです。


ずっと、「わたしって何がしたいの?」って
考えています。

 

「これが本当にしたかったことなの?」

 

「なんでこんな生活してるの?」

 

「心の底からなにがやりたいの?」

 

自分に若干キレ気味に問い詰める日々。
もう、正直うんざり。
考えたってわからなくて
なんでこんなに考えなくちゃいけないの?って
また若干キレ気味になるのです。
呆れ返ってちょっとひとやすみしていました。
(人生長いし、1ヶ月休んだって大丈夫ですよ。)

 

休んでいるときに
急に降ってきた歌詞。

 

-----
息を吸って そして吐いて それだけじゃ喜べなくなって

欲しくなって あれもこれも あの人のも だけど

 

僕にあって 君になくて
君にあって 僕にないものがあるから

僕は君を 君は僕を好きになれたんでしょ?

 

叶えた夢の数を数えよう
叶わない夢は誰かがきっとどこかで…


僕が立っているここはきっと誰かの願ってる場所で

誰かが立っている場所がきっと僕の望む場所で
誰かがきっと今僕にとっての夢を叶えてくれている

僕もきっと 誰かにとっての夢を叶えている
-----

RADWIMPSの「夢番地」の中の歌詞。

学生時代、よくうたっていたこの曲。

歌詞はあんまり気にしたことはありませんでしたが
なんだか歌詞が妙に今の自分にしっくりきて
過去の自分から贈り物をもらった気がしました。


だれかのことが「うらやましい」って気持ち
自分では処理しきれないですよね。
わたしも日々、そう感じています。
この世の中、友達とか、彼氏とか、好きな人は
「自分にないもの」を持ってるから「好き」で
でもきっと隣にいる相手も、
「自分にないもの」を感じて、興味を持ってくれて
話をしたり、好意を寄せてくれている。

その人たちを大事にするためには
自分が楽しそうに毎日を生きること。
「自分をとびきりだいじにする」ことなのかなって
思っています。

 

わたしの思いは
ブログでもInstagramでも伝えるのですが
料理教室では、きてくださるし、目と目で話せるから
より強くお伝えしたいなって思いでいっぱいです。
(料理教室という呼び方がしっくりきてないのですが)

「生徒さん」ではなくて「仲間」として

わたしも先生ではない立場から

お料理や伝えたいことは全力で伝えるけれど

「料理」を通して夢を叶える、 その役割を担っていきたいって気持ちです。

 

きてくださるかたたちの夢を応援したい

叶ったら全力で喜んで、苦しかったら力になりたい

悔しかったらいっしょに「くそっ!」て泣きたい

 

みんなそれぞれに夢を見つけることができて
大人の青春を過ごせる場所にしよう。

と思っています^^

 

「死ぬまで全力疾走で楽しむこと」

ゴールは「死」
そのとき、何を思ってたいでしょうか。

 

わたしだったら、
なんだかんだ危ないときもあったけど
楽しく生きてこられて、しあわせだった。

 

死んだあと、子どもや孫が、自分について語るとき
どんなことを言ってもらいたいでしょうか。

 

わたしだったら、
おばあちゃんはね、いっつもお料理が大好きでね
おもしろい料理が毎日食卓に並んでた。
みんなは驚いて食べてたけど、全部美味しかったわ。
悩んだときにはいつもいっしょに考えてくれて
とっても深みのある言葉をかけてくれて
わたしはよく助けられたのよ。

 

それが大きなまとまりとしての「夢」のテーマ。
そういう自分になるためには、
小さな夢を積み重ねて自分をつくること。
死ぬまでの道のり、旅、過程を
思いっきり楽しもう。

 

これからどういう道に進むんだろうか。

わたしもわからないから、わくわくします。
それが周りに伝染すればもっとたのしいと思うから
これからも、お料理を作り続けようと思います。